ハンドボール競技について

  • ホーム
  • ハンドボール競技について

ハンドボール競技

ハンドボールの現状

 北京オリンピック最終予選で一躍名を馳せたハンドボール。あるTV番組ではハンドボールの宮崎大輔選手がスポーツマンNO.1の座に輝いていたことからもわかるとおり、非常に身体能力を要するハードかつダイナミックなスポーツです。世界的にはヨーロッパを中心にメジャーなスポーツであり、アメリカ他各国でも人気が高まっています。

 今年、不来方高校男子チームが全国選抜・沖縄総体で全国第3位入賞、千葉国体で成年男子・少年男子岩手チームが第5位入賞と躍進しており、世界選手権や世界学生選手権、日韓中ジュニア交流等の国際大会で岩手県出身選手が日本代表として活躍しています。
 近年、花巻では日本代表チーム合宿、実業団、マスターズ、高校選抜等の全国大会を開催し、地域の子ども達との交流をはかりながら健全な青少年の育成と地域の活性化に努めています。今後、2016年に開催される岩手国体に向けて、全日本学生選手権(インカレ・2011年)、高校選抜(2011・2012年)、ジャパンオープン(2015年)等々の全国大会やイベントが目白押しに開催されます。

コート

40×20mの長方形型で、横3m高さ2mのゴールが両端に設置されています。ゴールから6mの半円型のラインが引かれていて、この中にはコートプレーヤー(CP)は進入できず、ゴールキーパー(GK)のみがプレーできます。

ハンドボール競技について

  • ハンドボール競技
  • ハンドボールの歴史と見所
  • ハンドボールの魅力
  • ハンドボール組合せ・結果発表